「家の中の避難場所」と「台風の時の窓」9月1日は防災の日!

9月1日は、防災の日です。

防災

関東大震災がおこった日であり、 台風被害の増えていく時期。

という事で、昭和35年から制定された記念日です。

 

という訳で、今日は防災の話を!

 

◆1つ目は、「家の中の避難場所」についてです。

少し前までは、 地震がきたら、机の下に避難!!

と、習ってきたのですが、

最近では、廊下に避難するように言われています。

 

なぜ廊下なのか?

それは、避難経路を確保するため。

 

もちろん、周囲の落下物からまず身を守る事は大切な事です。

けれども、地震後は建物が歪み、扉が開かなくなる事も…

例えばトイレ等の狭い空間は柱壁が多く、構造上は安全な事が多いのですが、

避難できなくては、本当の意味で命の安全とは言えないのです。。。

 

そして、その避難経路に 日常使い出来ない 災害用具を置かれる事をお勧めします!

 

 

◆2つ目は、「台風の時の窓」についてです。

9月に入ると、 台風の季節がやってきます!

強い風の時などは、念の為に 雨戸を閉められる方も多いかと思います。

でも、雨戸の付いてない窓もありますよね。

そんな窓は、カーテンを閉めて下さいね!

 

窓ガラスが割れた時などに ガラスが飛散しない効果があります。

物に当たる以上に、 ガラスの破片が飛散する事が怪我に繋がります。

小さな事ですが、大きな効果がありますので、 是非、やってみて下さい!

(Visited 85 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です